マンションやアパートの光インターネット回線が遅い!契約時の注意点とは?

今ではインターネット通信も光インターネット回線により、高速化が図られています。

さらに、スマートフォンの普及に伴いモバイル通信でも大容量のデータ送受信が可能なものの、直ぐに契約上のデータ使用上限に達してしまうことも多く、光インターネット回線にWi-Fi接続し、モバイル通信の使用量を下げ、通信費の節約をする方は多いです。

ですが、マンションやアパートで光インターネット回線を契約したものの、通信速度の遅さを感じることがあります。

実はこれら集合住宅での接続方法を知らなければ、無駄に費用を支払うことになってしまいます。

現在の光インターネット回線の速度理論値は、1Gbpsが主流となっています。最近ではより通信速度の速い、2Gbpsに対応するサービスがあるものの、基本的にはベストエフォートすなわち全て好条件下の速度です。

確かに1Gbpsから多少の速度低下を考慮しても、高速通信ではあるものの、集合住宅では戸建よりも通信速度が低下するといった状況です。

集合住宅では接続方式が3つある

そもそも、光インターネット回線といっても、集合住宅では光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式の3つの接続方法があり、契約時に注意すべきポイントになります。

光配線方式

光配線方式の場合、建物に光回線が共用スペースまで引き込まれ、各部屋に光ファイバー線を引き込みするといったものです。

この方法の場合、基本的には全ての通信が光回線を使用するため、通信速度が速いというメリットがあります。

ですが、残念ながら戸建プランのように専用の光回線を使用する方式ではなく、建物に引き込まれた基幹回線を各部屋でシェアするため、通信速度面では劣ってしまいます。

VDSL方式

次にVDSL方式ですが光回線は建屋の共用スペースまで引き込まれているものの、各部屋への分配は従来の電話回線同様にメタル回線いわゆる銅線を利用するため、通信速度が低下してしまいます。

さらに各部屋で分配されるため、通信負荷が増加する時間帯では通信速度が著しく低下するといった問題も生じてしまいます。

LAN配線方式

そして、最後のLAN配線方式ですが、共用スペースから各部屋までLAN配線により接続するものです。

電話回線で使用されるメタル回線に比べ、通信速度は速いものの、光回線に比べると速度は遅くなります。

さらにLAN回線はHUBにより分岐されるため、VDSL同様に通信速度の低下が生じやすいといった問題があります。

最近では、マンションやアパートでも光インターネット回線が利用可能という宣伝が多いものの、実際にはどの方式で接続されているのか明記されていないことも少なくはありません。

月額料金が安いからといって契約して、通信速度が遅いといったストレスを後々感じないように契約前にしっかりと接続方式を確認するのが重要です。

特にVDSL方式については既存の電話回線が使用できる分、設備投資費用も抑えられ古い物件でも導入し易いというメリットがあります。

ですが、完全な光回線では無いため、契約は避けるのがおすすめです。

光回線方式ではなく、VDSL方式で高速通信が見込めないといった場合は、無駄に費用を支払うよりもモバイルルーターの大容量プランや使い放題プラン、そのほか無線方式でのインターネット回線の契約が実際にはコストパフォーマンスは良くなります。