電話で光コラボの話はおすすめしない理由について

家に固定回線を引いている方は一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

「今使っている設備環境はそのままで安くなります!」
「プロバイダが契約不要になりその分が安くなります!」

こういった似たような電話が近年多くなってきている方も多いのではないでしょうか?

確かに利用環境が変わらずに安くなるなら良いと思ってする方もいるかもしれませんが、
通信経験者のわたくしからすれば、確かに安くなるのは安くなるパターンもありますが、
あまり電話営業の口に乗るのはおすすめできないケースが多いです。

その理由をいくつか紹介して行きたいと思います。

【不要なオプションが付く可能性が高い】

電話だと記憶にないうちに料金が上がった!となる人も多いです。

その理由の大半がこのオプションです。「初月無料なのでつけておきます」と言われてつけたものの
1ヶ月後に忘れていてオプションが上乗せで高くなるケースがあります。

中には条件付きで半年使ってくださいなどのオプションもあるので、電話で光コラボのサービスを使う際はしっかりと確認を取るべきでしょう。

【聞いた聞いてないのトラブルになりやすい】

光コラボの大半は事務手数料で3000円が掛かったり、場合によっては5000円掛かったりすることもあります。

初月の請求を見てびっくりして電話をしたら「ちゃんと言いましたよ」と言われることでしょう。

電話の担当の人はおそらく言っていて記録も残っているので泣き寝入り等のケースもあるでしょう。

【キャッシュバックが基本的には無い】

確かに月額の料金が安くなり喜ばれる方も中にはいらっしゃいますが、

ネットからの申し込みだとキャッシュバックが30000円貰えますとか、50000円貰えますといったキャンペーンがごろごろ転がっています。

基本的に電話営業で掛かってきたものだとキャッシュバックの話は恐らくないでしょう。

やるか迷っているお客様に「キャンペーンで商品券が貰えます」ぐらいだったらあるかもしれないですが微々たるものです。

同じ月額料金で同じサービスを使えるならばキャッシュバックが無いより有る方が当然良いので

しっかりとどこが良いのかを見定める必要があるでしょう。

【NTTのフレッツ光に戻すために工事が必要】

これは電話だけに限らず、店舗やネットで申し込んだ場合も一緒ですが、
安さに釣られ知らず知らず光コラボのサービスをしたが、やっぱりNTTのフレッツ光に戻したい。

という場合に関しては基本的には再度工事をする必要があります。

それと同様で、softbank光→docomo光などにされる際にも再度の工事が必要になるので、注意が必要です。

【まとめ】

光コラボの電話営業は怪しいものもありますが、ちゃんとした会社もあるのもありますが、

多くの会社はNTTの名前を語ったりするものも存在しますし、きちんと会社名などを控えてネットで調べてから検討するのが良いでしょう。

それを踏まえてもネット申し込みでキャッシュバックなどを貰った方がお得に使えるので、
電話の営業には乗らないのが一番の得策だと思われます。