格安SIMに切り替えがおすすめな人とは?

家計の出費に占める毎月の通信費は、意外に高いものであり、節約も比較的に行い易く、実生活に大きな影響を与えないものとなっています。

今では、携帯電話もスマートフォンが主流となり、大容量のデータ通信を行うことから月額料金は以前に比べるとキャリアの月額料金は未だに高いものです。

以前までは、ガラケーで月々3000円以内だった通信費が今や5000円や7000円と高く、家計の負担は以前よりも大きくなっています。

ですが、格安SIMの登場により今や通信費をかつてのガラケーレベルまで節約することができ、実生活での利便性を維持しながら利用することが可能です。

ところが、実際には未だにキャリアでの契約を継続し、高い通信費を払っていることは少なくはありません。

そこで、格安SIMへの切り替えがおすすめな方について紹介します。

軽いインターネット通信と自宅ではWi-Fi通信がメインという方

先ず、格安SIMへの切り替えがおすすめな方は全般的に音声通話はほとんど利用せず、軽いインターネット通信と自宅ではWi-Fi通信がメインという方です。

この場合、あくまで自宅外では必要最小限のインターネット通信が出来れば問題はなく、大手キャリアの契約で月々5000円支払い、データ通信量も毎月余っているという状況であれば、1回線あたり2000円以下まで抑えられます。

専業主婦や学生

次に切り替えがおすすめなのは、専業主婦や学生です。

専業主婦の多くは、自宅にいる時間が多く、外出と言っても用事があり自宅外に出るということであり、空き時間にインターネット通信を行うというものではありません。

つまり、大容量のデータ通信や高速通信は不要であり、格安SIMに切り替え通信費を節約する効果は非常に大きくなります。

そして、学生ですが授業中はインターネット通信を行うことは無く、使用する時間は非常に限定されます。

つまり、サラリーマンかつ営業職で外にいる時間の多い人よりも圧倒的にインターネット通信を行う時間が少ないため、わざわざ月額料金の高いキャリアを契約することの方が無駄になります。

例えば、通信費の浮いた分の一部をお小遣いに上乗せするといった条件であれば、親と子供にとっても双方のメリットが生じます。

キャリア決済を多用してしまう方

そして、格安SIMに切り替えをおすすめする方としては、キャリア決済を多用してしまう方です。

最近では、アプリもアプリストアで有料のものを購入したり、アプリゲームに課金して高額な支払になってしまうということがあります。特に子供が課金をし過ぎで毎月高額な請求となっている場合、格安SIMに切り替えることでキャリア決済が使用できなくなり、無駄な出費も防げるといったメリットがあります。

そのほか、キャリアのスマホ料金については家族割引やそのほかの割引が適用されお得と感じることがあるものの、実際には高い費用を支払っているという問題もあります。

しかし、格安SIMなら1人でもキャリアの割引が最大限に使用された金額と同等額で利用できるため、トータル的にお得というメリットがあります。

格安SIMの切り替えに魅力を感じているものの、キャリアの契約からなかなか切り替えられていないという方は、一度家庭内の通信費に潜む無駄や問題を把握してみることが重要です。